今に伝わる天神信仰

至誠の神様

当代随一の学者・政治家であった道真公は、天皇さまの厚い信任を受け、日本の発展のため誠心誠意尽くされ、多くの人々にご尊敬されました。
その後、政略により無実ながら大宰府に左遷されましたが、皇室のご安泰と国家の平安、またご自身の潔白をひたすら神々にお祈りされました。

やがてご逝去なされた後に、その誠心は天に通じ、朝廷でも罪なきことが証明され、「天満大自在天神てんまだいじざいてんじん」の神様の御位を贈られ、「天神さま」とご崇敬されるようになりました。

生涯一貫して誠を尽くされた道真公の清らかな生き方は、1,100年以上が経過した現代においても世の多くの人々に共感され、「至誠の神様」として篤く信仰されています。


おすすめのページ

七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会
厄除祈願
天神さまのご加護をいただかれ、災厄が身に振りかからないよう厄除けを祈願いたします。
厄除祈願
神幸式大祭
天神さまの御神霊をお慰めするとともに、皇室のご安泰と国家の平安、さらには五穀豊穣を感謝する秋祭りです。
神幸式大祭