今に伝わる天神信仰

厄除けの神様

寛和2年(986)に始められた「鬼すべ神事」をはじめ、当宮には古来より除災招福じょさいしょうふくを願う祓え神事の記録が数多く残されており、その信仰は今日まで形を変えながらも連綿と受け継がれています。

太宰府の里人の間では、天神さまがこよなく愛された梅の木の下で「ひょうたん酒」を飲むと厄から逃れられるという信仰があり、44歳(数え年、以下同じ)を厄年としてご祈願を受ける風習が残されています。
さらには、41歳の厄入りの男性と61歳の還暦の男女が一年の厄や災いを除き、これから先の人生を幸福に過ごせることを祈願して、天神さまに梅の木を奉納する行事が毎年行われています。

厄除けのご祈願は一年を通じお受けいただくことができ、その中でも毎年2月に斎行される「節分厄除祈願大祭」には天神さまのご神徳を慕い多くの方々がご参拝に訪れます。

節分厄除祈願大祭

厄除祈願のご案内


おすすめのページ

曲水の宴
平安時代の雅な宮中行事が現代に蘇ります。禊祓いの神事であります「曲水の宴」をご紹介します。
曲水の宴
神前結婚式
お二人の末永い幸せをお祈りし、ご神前で厳粛な結婚式を斎行いたします。
神前結婚式
七夕揮毫大会
「書の三聖」である天神さまのご神徳をいただかれ、書道上達の成果を発揮する「七夕揮毫大会」が執り行われます。
七夕揮毫大会