太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。

平成30年2月8日 お知らせ

2月17日~11月25日 宝物殿にて「明治維新150年 太宰府幕末展」を開催します

激動の幕末期、太宰府天満宮には京都から下った尊王攘夷派の公家 三条実美ら五卿がおよそ三年間滞留したことから、坂本龍馬や中岡慎太郎をはじめとする志士たちが多く来訪し、新時代を見据えて談議が重ねられました。まさに、ここ太宰府は、幕末史を語る上で欠かすことのできない場所なのです。明治維新から150年の節目にあたる本年、太宰府天満宮宝物殿では、「明治維新150年太宰府幕末展」を開催します。家族を思いやる高杉晋作や攘夷実行を切望する久坂玄瑞の手紙、五卿の太宰府での生活を詳細に伝える記録や交流のあった家々に伝わる和歌などの当宮収蔵品の他、西郷隆盛や野村望東尼に関する貴重な資料をお借りして、維新を見届けた太宰府にまつわる資料を初公開を含めて一挙に公開いたします。

開催期間
平成30年2月17日(土)から11月25日(日)
午前9時から午後4時半まで(入館は4時まで)
拝観料:大人400(300)円、高大200(100)円、小中100(50)円
※()内は30名以上の団体料金、障害者手帳提示により付添者1名まで半額料金

休館日
月曜日(祝日は開館)、5月7日~11日、7月2日~6日、他、臨時休館することがあります

主催
太宰府天満宮

後援
太宰府市、太宰府市教育委員会

監修
谷川佳枝子氏(たにがわ・かえこ/歴史家/太宰府天満宮文化研究所 客員研究員)

会場
太宰府天満宮宝物殿第1、2展示室

関連イベント
①講演会「対決!幕末討論会」共催:太宰府観光協会

入場無料、定員200名、要申込
日時:平成30年3月21日(水)13時~15時 会場:太宰府天満宮余香殿(社務所2階)
内容:福岡、太宰府の幕末について、勤王派、佐幕派(幕府・黒田藩)両者からの視点で対談します。五卿と志士たちの天神信仰についても紹介します

登壇者:
谷川佳枝子氏(たにがわ・かえこ/歴史家)
一瀬智氏(いちのせ・とも/九州国立博物館主任研究員)
味酒安則(みさけ・やすのり/太宰府天満宮主管学芸員)

入場特典:宝物殿無料拝観券(3月内有効)、梅ヶ枝餅一個、「太宰府幕末年表」一冊プレゼント
申込方法:「太宰府幕末展講演会申込」の件名にて、氏名・電話番号・参加人数を明記の上、ファックス092-920-5556かメールkenkyusyo@dazaifutenmangu.or.jpにて申し込みください

②ミュージアムトーク
会期中第1日曜日15時~15時半(申込不要、要拝観券)

③宝物殿 優待割引日
五卿と太宰府にゆかりのある日の拝観料を100円割引いたします
5月25日(金)坂本龍馬が五卿と面会した日(慶応元年5月25日)
8月18日(土)8.18の政変の日(文久3年8月18日)
10月14日(日)大政奉還(慶応3年10月14日)

問い合わせ先
太宰府天満宮文化研究所
〒818-0195 太宰府市宰府4-7-1 
電話 092-922-8225(代/9時~17時)、ファックス 092-920-5556
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

「明治維新150年太宰府幕末展」チラシはこちら

「明治維新150年太宰府幕末展」はこちら

おすすめのページ

特別受験合格祈願大祭
当時学者として最高の位であった文章博士に登用されたことにちなみ、「特別受験合格祈願大祭」が斎行されます。
特別受験合格祈願大祭
厄除祈願
天神さまのご加護をいただかれ、災厄が身に振りかからないよう厄除けを祈願いたします。
厄除祈願
太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史

過去のお知らせ

平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ