お祭り・催し

曲水の宴

3月第1日曜日

「曲水の宴」は、平安時代の宮中行事を今に再現する禊祓みそぎはらえの神事です。
十二単じゅうにひとえをまとった姫をはじめ平安装束に身をつつんだ参宴者は、曲水の庭の上流より流れてくる酒盃が、ご自分の前を過ぎる前に和歌を作り、お酒をいただくというみやびな神事です。


曲水の宴 式次第

奉献の儀
12時00分 行列 社務所出発
12時20分 御本殿参拝
12時40分 文書館到着
曲水の宴
13時00分
  • 修祓しゅばつの儀
  • 白拍子しらびょうしの舞
  • 神楽舞「飛梅の舞」
13時30分
  • 参宴者入庭
  • 盃の儀(和歌朗詠)
  • 白拍子の舞
  • 盃の儀(和歌朗詠)
  • 退庭
終納の儀
14時45分 社務所へ参進
終宴
15時00分頃
  • 観覧席は約1,100席設けており、入場は11時頃を予定いたしております。全自由席でご予約は受け付けておりませんので、観覧ご希望の方はお早めにお越しください。
    また、当日は渋滞や混雑が予想されますので、公共の交通機関をご利用ください。
  • 天候不順(雨や雪など)の場合は、文書館内にて執り行われるため、ご観覧が制限される場合がありますので、予めご了承ください。

行列経路に関して【PDF】

お問い合わせ

太宰府天満宮
TEL :
092-922-8225
(9時~17時)

3月のお祭り・催しへもどる


おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
菅公歴史館
菅公歴史館では、道真公の一生を装着博多人形のジオラマで展示。人形、玩具、絵馬などの品々も併せてご紹介しています。
菅公歴史館
斎田抜穂祭
神々に稲穂の収穫を感謝し、宮司自らが石包丁で金色の稲穂を刈り取ります。
斎田抜穂祭