太宰府天満宮からのお知らせ

当宮からのお知らせをご確認いただけます。

平成30年6月2日 お知らせ

6月12日(火)~7月6日(金)「漆塗り工事」実施

"6月12日(火)~7月6日(金)、「漆塗り工事」が御本殿にて行われます。
当宮の御本殿は、天正19年(1591)に筑前国主小早川隆景により5ヶ年かけて造営されました。檜皮葺の屋根を備え、築400年以上を経過した現在でも桃山時代の豪壮華麗な様式を見事に伝え、国の重要文化財に指定されています。
この御本殿の色塗りには「漆」が使用され、当時の豪華絢爛の色彩が現在でも残っています。「漆塗り」は、湿気の多い時期が最適であるため、毎年6月ごろに実施しています。
この期間中、ご参拝の皆さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力を宜しくお願いいたします。"

太宰府天満宮とは

おすすめのページ

太宰府天満宮とアートの歴史
太宰府天満宮とアート、その繋がりはどこから来たのか?その歴史をご紹介します。
太宰府天満宮とアートの歴史
秋思祭
旧暦9月10日に大宰府政庁跡にて、天神さまをお偲びし、御神霊をお慰めする祭典が斎行されます。
秋思祭
曲水の宴
平安時代の雅な宮中行事が現代に蘇ります。禊祓いの神事であります「曲水の宴」をご紹介します。
曲水の宴

過去のお知らせ

平成31年
平成30年
平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
平成24年
平成23年
  • 天神の杜ごよみ